二子玉川ライズ、ついに完成!映画館、蔦屋家電、蔦屋書店の開店で進化する二子玉川!

  • 2503 |
  • 最終更新:

この春、二子玉川が変わる!

二子玉川地区の再開発事業として進められてきた「二子玉川ライズ」の建設。
二子玉川の再開発計画が始まったのは、実に30年以上も前の昭和57年(1982年)でした。「年から自然へ」をメインテーマに、長い年月を経て、ついに二子玉川の街が新しく生まれ変わります!
 

www.city.setagaya.lg.jp

2011年に第一期オープンとして、二子玉川ライズ ショッピングセンターがオープン。待望の第二期オープンは2015年4月24日に決定しました。
街づくりのコンセプトは「OPEN NEGHIBORS」。住むひと、働くひと、訪れるひとが交わり、新しい関係性を作り出していきます。

世田谷区内初のシネコン誕生

4月24日にオープンするのは、「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」。ここには、世田谷区内初となるシネコン「109シネマズ二子玉川」が入ります。10のスクリーンと最新設備を備え、最新作・話題作を上映します。

109cinemas.net

オープンに先駆け、4月22日に試写会・舞台挨拶などのイベントを開催。オープン後の25日、26日には上映中の映画の舞台挨拶なども行われます。

109シネマズ 二子玉川
http://109cinemas.net/futakotamagawa/

他にも25メートルのプールを備えた本格的なフィットネスクラブ「アトリエドゥーエ二子玉川」、多摩川や等々力渓谷をイメージした自然いっぱいの広場「ルーフガーデン」、世田谷区内初となる本格派ホテル「二子玉川エクセルホテル東急」などもオープン。単なる商業施設ではない、暮らしに寄り添った街ができあがります。

「縁日」をテーマにしたイベントを開催!

二子玉川ライズの完成を記念して、4月24日(金)~5月6日(水)の期間中、「FUTAKOTAMAGAWA ENNICHI」と題したイベントが開催されます。

テオ・ヤンセン「ストランドビースト」が登場

オランダの彫刻家・物理学者のテオ・ヤンセンによる作品「ストランドビースト」が、商業施設には世界ではじめて登場します。
動力をもたず、風の動きのみで動く「風を食べて動く」動物です。二子玉川ライズだけでなく、玉川高島屋S.Cでの展示も予定しています。
テオ・ヤンセン氏本人も来場し、実際に作品を動かすデモンストレーションも行われます。
 

nakayasu.com

複合型イベント「ENNNICHI by 太陽と星空のサーカス」

ライブパフォーマンス、ワークショップ、映像作品の上映などを複合的に組み合わせたイベントが開催されます。
移動式の帽子屋「AURA」や、焼き芋のプロである“焼き芋家”が店主を務める「焼きいも日和」などのマルシェも出店。親子でも楽しめる空間になっています。

ファン必見!のるるんスタンプラリー

隠れファンが多い、東急線のゆるキャラ「のるるん」のグッズがもらえるスタンプラリーも開催されます。
①玉川高島屋S.C②オークモール ③バーズモール④青空デッキ ⑤iTSUCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズ
の5か所でスタンプを集めると、先着1万名に「のるるんオリジナルシードペーパー」がプレゼントされます。お家でちょっとした緑を育てられますよ。
 

hot.tokyu.co.jp

「蔦屋家電」「蔦屋書店」のオープンは5月3日!

ネット上でも話題になっている、TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の新業態「蔦屋家電」の1号店。オープンは5月3日に決まりました。「この場所ならではの生活提案」をコンセプトにしたまったく新しい家電店となる予定です。情報は現時点ではほとんど公開されておらず、どんな店になるのかまだ未知数。オープンが待ち遠しいです!

蔦屋家電
http://futakotamagawa.tsite.jp/

オープン後、あそにゅー!でレポートします!

あそにゅー!では、二子玉川ライズのオープン後、詳細にレポートしていきたいと思います。今後にご期待ください!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ