映画「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」10月29日全国ロードショー

  • 1434 |
  • 最終更新:

愛すべきヒロイン、ブリジット・ジョーンズがスクリーンに帰ってきます!「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」の日本公開が、10月29日(土)に決定されました。大人気シリーズ、映画「ブリジット・ジョーンズの日記」の第3作目にあたる本作品は、第2作から11年を経ての公開です。あれからブリジットはどうしているのでしょうか?その答えを観に行きましょう。ここでは、作品の概要をご紹介します。

「ブリジット・ジョーンズの日記」とは?

第1作「ブリジット・ジョーンズの日記」は2001年、第2作「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」は2004年に公開されました。ブリジットはシリーズを通して恋もキャリアも全力投球、でもタバコとお酒がやめられずダイエットは失敗続き……。そんな「崖っぷちアラサー」の姿が世界中の女性から共感を集めました。本作品ではアラフォーとなったブリジットがおなじみのメンバーと登場。もちろん、新たな出会いも訪れます。

ちょっとだけ!ストーリーを紹介

アラフォーとなったブリジットは、テレビ局の敏腕プロデューサーとして活躍しています。しかしプライベートではいまだ独身。そんなブリジットは、リッチでルックスも性格もバツグンのIT企業社長ジャックとのドラマチックな出会いを果たします。ジャックといい雰囲気になる一方、元彼のマークとも再会して三角関係に……この先は、映画本編をお楽しみに!ブリジットは今度こそ、幸せを手に入れることができるのでしょうか?

豪華キャストがずらり

主演はもちろんレニー・ゼルウィガー。レニー・ゼルウィガーは「コールドマウンテン」でアカデミー賞を受賞し、その演技と魅力にますます磨きがかかっています。脇を固めるキャストも豪華ですよ。

<キャスト>
・レネー・ゼルウィガー(ブリジット・ジョーンズ)
・ジェームズ・カリス(親友トム)
・サリー・フィリップス(親友シャザ)
・コリン・ファース(元彼マーク・ダーシー)
・パトリック・デンプシー(新しい彼氏ジャック・クワント)

監督はシリーズ第1作「ブリジット・ジョーンズの日記」を手掛けたシャノン・マグワイアです。エマ・トンプソンとイギリスのシンガーソングライター、エド・シーランもカメオ出演します。

ブリジットが繰り広げるドタバタ劇にたくさん笑って、少し泣いて。ひたむきなブリジットをきっと応援したくなりますよ。「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」の日本公開は10月29日(土)です。

■映画詳細
作品名:ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期
※原題「Bridget Jones's Baby」
日本公開日:2016年10月29日(土)
監督: シャロン・マグワイア
出演者: レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パトリック・デンプシー、ジム・ブロードベント、ジェマ・ジョーンズ、エマ・トンプソン、ダン・メイザー
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、デブラ・ヘイワード、ヘレン・フィールディング
配給:東宝東和
公式サイト:http://bridget-jones.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ