シーボルト没後150年記念!江戸東京博物館で「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」開催

  • 821 |
  • 最終更新:

東京都江戸東京博物館で2016年9月13日(火)から11月6日(日)まで、シーボルトの没後150年を記念した特別展「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」が開催中です。シーボルトが2度目の来日の際に収集し、現在はミュンヘン五大陸博物館に所蔵されているシーボルト・コレクションなどが再び日本に上陸します。中でも、シーボルトが亡くなる直前に開いた「最後の日本展示」を再現したコーナーは必見です。学問の秋・芸術の秋にぴったりの企画展となっています。

花鳥図衝立(ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente)

日本を愛したシーボルトのコレクションを公開!

江戸時代後期に医師として来日し、日本学の祖として知られる博物学者・シーボルト。彼の没後150年を記念した特別展「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」が、東京都江戸東京博物館で2016年9月13日(火)から始まりました。

魚形蓋物(鰹)(ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente)

シーボルトはドイツの地方都市生まれ。日本に西洋医学を伝えたドイツ人の医師という顔のほかに、博物学者という顔も持っていたことで知られており、日本の自然や文化、国情に関わる情報や資料を精力的に収集しました。しかし、禁制品の高精度な日本地図「伊能図」を持ち出そうとしたことが明るみになり国外追放。その後、幕末の1859年に再来日を果たしましたが、3度目の来日準備中にこの世を去ってしまいました。

展覧会の見どころをご紹介!

酒呑童子文法被(長崎くんち衣裳)(ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente)

今回は、2回目の来日時に集め、現在はドイツのミュンヘン五大陸博物館に保管されている資料と、シーボルトの末裔にあたるフォン・ブランデンシュタイン=ツェッペリン家所蔵の関係資料から厳選された約300点が里帰り。シーボルトが思い描いた日本博物館構想をコンセプトに、貴重なコレクションを再構成します。

桜川蒔絵眉作箱(ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Fünf Kontinente)

中でも、1番の見どころは、シーボルトが亡くなる直前にミュンヘンで開催した「最後の日本展示」について、シーボルトの長男アレクサンダーのリストをもとに再現するコーナーです。
また、ドイツの子孫宅から発見された、伊能図の写しを基にした地図が、展覧会の目玉として登場。こちらも要注目ですよ。ほかにも、シーボルト自筆のコレクション解説や、門弟・伊藤圭介の肖像など、今まで紹介されなかった資料も出展されています。

イベント詳細
名称:特別展「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」
会場:東京都江戸東京博物館
住所:東京都墨田区横網 1-4-1
開催期間:2016年9月13日(火)~11月6日(日)
休館日:月曜日(ただし2016年9月19日(月)・10月10日(月)は開館) 、10月11日(火)
開館時間:9:30~17:30(土曜日は19:30まで)  ※入場は閉館の30分前まで
電話番号: 03-3626-9974
公式サイト:http://siebold-150.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ