グランピングできる温泉!?熊谷に新感覚の温泉施設「おふろカフェビバーク」オープン

  • 8371 |
  • 最終更新:

2016年9月10日(土)、埼玉の熊谷にグランピングをコンセプトにした新感覚の温泉施設「おふろcafe bivouac(カフェビバーク)」がグランドオープンします。営業時間は10時から翌朝9時の23時間。温泉と一緒に優雅な屋内キャンプや漫画・雑誌、音楽などをゆったりと楽しめます。都内から車でわずか90分と、ドライブと温泉を日帰りで楽しみたい方にぴったりのスポットです。

早速体験してきました!行ってきたレポートはこちら

「おふろカフェビバーク」に行ってきた!温泉施設でグランピング体験!?

https://asoview-news.com/article/10524/

コンセプトはグランピング!「おふろcafe bivouac(カフェビバーク)」が9月オープン

「おふろカフェビバーク」は、ユニークな日帰り温泉の運営で知られる株式会社 温泉道場が手掛ける新たな温泉施設です。「北欧のゲストハウス×トラベルカフェ」がコンセプトの温浴施設、「おふろcafe utatane(カフェ ウタタネ)」の姉妹店として2016年9月10日(土)にオープンします。場所は6月末に閉店したサイタマ健康ランド跡地です。

おふろカフェビバークのテーマは、「おふろ×cafe×グランピング」。ここ数年で人気急上昇中のラグジュアリーなアウトドアスタイルが体験できる、新感覚の温泉施設です。

グランピング気分が楽しめる温泉施設!

館内には約5mのボルダリングウォールやテント、ハンモックが設置されており、まるでキャンプに来たような楽しい雰囲気が広がります。また、飲食ゾーンでは自分で淹れられる本格ドリップコーヒーや厚切りステーキ、コロダッチサーモンなどキャンプで定番のメニューを提供。さらにアウトドアメーカーの食器の使用やテント席の設置も予定されています。

ほぼ1日中営業!暖炉の炎を見ながらリラックス

おふろカフェビバークの営業時間は午前10時から翌朝9時の23時間と、ほぼ1日中です。無料スペースでは暖炉の炎を眺めながら、挽きたてコーヒーとマッサージチェアを堪能したり、1万冊の漫画と雑誌を読んだり、さらにはDJ ブースから流れてくる音楽を聴いたりと思い思いの時間が過ごせます。さらに、Free wifiとFreeコンセント、仮眠スペースも設置。温泉には高濃度炭酸泉や無料の泥パック、毎時自動ロウリュが用意されています。煩わしい日常生活をしばし忘れて、思う存分リラックスできる大人の隠れ家的スポットです。

新施設詳細
施設名:おふろ café bivouac(カフェビバーク)
住所:埼玉県熊谷市久保島 939(旧:サイタマ健康ランド)
グランドオープン:2016年9月10日(土) 10:00~ ※9:30 よりオープニングセレモニーを実施
営業時間:10:00〜翌9:00 
定休日:無休
公式サイト:http://ofurocafe-bivouac.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ