「日比谷オクトーバーフェスト2016」が9月9日から開催!秋空の下でビールを飲もう

  • 2720 |
  • 最終更新:

春に引き続き、秋も日比谷にオクトーバーフェストがやってきます!9月9日(金)~9月19日(月)の期間中、東京都千代田区の日比谷公園「噴水広場」で「日比谷オクトーバーフェスト2016」が開催されます。本場ドイツ・ミュンヘンでは毎年600万人が集まるというオクトーバーフェスト。日本にも根付きつつあります。日比谷での開催は今年が4回目。都会のオアシス、日比谷公園で乾杯しましょう。

初登場、日比谷限定ビールをチェック!

今回の「日比谷オクトーバーフェスト2016」には、日比谷初登場や数量限定のビールが登場します。いち早くメニューを紹介します。

アインベッカー「マイ ウア ボック」(日比谷限定)
600年以上の歴史をもつブリュワリーが醸造した、アルコール度数高めのビールです。スパイシーでさわやかな飲み口が特徴。

ヴェルテンブルガー「アノ1050オクトーバーフェストビア」(数量限定)
とてもめずらしい、修道院によるビールです。オクトーバーフェストのために3月ごろから仕込みをはじめる、長期熟成ビール。

富士桜高原麦酒「マンダリナ・バーバリア2016Ver」(初登場・数量限定)
ドイツ産の新種ホップ「マンダリナ・バーバリア」と富士の天然水を使用したビール。小麦麦芽を主体とし、フルーティで飲みやすさ抜群。

シュパルター「プレミアムピルスNO.1」(日比谷初登場)
「史上最高峰ピルスナー」と称される、シュパルトホップの贅沢な味わいと香りを楽しめるピルスナービールです。

食欲の秋に欠かせないフードが260種

フードもオクトーバーフェストの大きな楽しみ。約260種のフードメニューが並びます。食欲の秋らしく、ガッツリ食べられて満足度の高いメニューがそろっていますよ。
たとえば、塩漬けの豚すね肉を香味野菜と香辛料で数時間煮込んだ「アイスバイン」。薄いカツレツ「ウイナーシュニッツェル」もドイツ料理の定番です。シーフードなら「特選エキストラサイズ ムール貝500g たっぷりのガーリックバタースープで」がイチオシ。ムール貝の旨みが出たスープが何よりのごちそうです。いろんなドイツ料理を食べたい人には、1つのプレートにソーセージとフライシュケーゼ(腸詰ではなく型に入れて焼いたソーセージ)、ザワークラウト、ブレッツェルを盛り合わせた「アルコブロイプレート」をおすすめします。どの料理もボリュームがあり、みんなで取り分けて食べるのにピッタリです。

オクトーバーフェスト期間中はドイツから来日した楽団が民族衣装をまとい、伝統的な民族音楽やスタンダードナンバーを演奏。楽しいひとときを音楽が彩ります。9月9日(金)~9月19日(月)は日比谷公園で盛り上がりましょう!

■イベント概要
名称:日比谷オクトーバーフェスト2016
開催期間:2016年9月9日(金)~9月19日(月)
開催時間:平日16:00~22:00 、土日祝日11:00~22:00 ※ラストオーダーは全日21:30
会場:日比谷公園「噴水広場」
所在地:東京都千代田区日比谷公園1-6
料金:入場無料 ※ビールを飲む場合は最初にデポジット1,000円とビールの代金がかかります。
公式サイト:http://www.oktober-fest.jp/hibiya/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ