「トーマス・ルフ展」に行ってきたレポート!新たな写真の世界を目撃せよ

  • 7361 |
  • 最終更新:

「トーマス・ルフ展」が東京国立近代美術館 1階の企画展ギャラリーで開催されています。期間は2016年8月30日から11月13日までです。待望されていた日本国内初の個展を、asoview!編集部員が取材してきました。

トーマス・ルフって?

トーマス・ルフは、1958年ドイツ生まれの写真家です。アンドレアス・グルスキーやトーマス・シュトゥルートらとともに、デュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」として、現代の写真表現をリードしてきた存在です。

さあ、世界が注目する写真家の世界観を堪能しましょう

ルフ作品は1990年代から日本の美術館やギャラリーで紹介されてきましたが、美術館で開催される本格的な回顧展は今回が初となります。東京会場では約125点、12月から開催される金沢会場では約160点の作品が展示されます。初期作品から最新作まで、トーマス・ルフの世界を存分に堪能できる大注目の展覧会です。
会場は東京国立近代美術館の1F企画展ギャラリーです。では、早速行ってみましょう。

美術館の入り口を入ると、すぐ右が企画展ギャラリーです。音声ガイドの貸し出しは、このカウンターでできます。

評価を高めた「Porträts(ポートレート)」

ギャラリーに入ると、まず目にとまるのは大きな人物の写真です。自分の身長よりも大きい写真…インパクトに驚きます。縦は210cmで横は165cmもあるそう。これは、トーマス・ルフの評価を高めたきっかけである「ポートレート」という作品です。

一見ありふれた証明写真のようにも見えるポートレートですが、巨大なサイズに引伸ばされた作品の前に立つと、そうした印象は一変します。まじめな表情で写真におさまっている様子は、カメラの背後にある権力の存在を感じさせます。写真と現実、被写体と写真家、写真とそれを観る人。写真をめぐるさまざまな関係性に問いを投げかける作品です。

初期作品「Interieurs」

トーマス・ルフがデュッセルドルフ芸術アカデミにー在学していたときの作品です。4x5インチ判の大型カメラを手に入れたルフは、ベルント・ベッヒャー教授に椅子を撮影する課題を与えられたことをきっかけに、生活空間としての室内というテーマに関心を持ちます。対象となったのは、友人たちや故郷の家族、親戚などの暮らす、身近な環境としての室内。家具の配置などには一切手を加えず、その場の光源だけで、ありのままに、客観的に撮影することで、部屋とそこに暮らす人々をめぐる何かを浮かび上がらせようとしました。

フラッシュなども一切使わず、自然のまま撮影された風景。近くでじっくり観察してみると、なんだか不思議な感じがします。

少年時代からの宇宙への関心を背景とする「Cassini」と「ma.r.s.」

「Cassini」

NASA(アメリカ航空宇宙局)などが1997年に打ち上げた宇宙探査船cassiniが撮影した土星と、その衛星の画像を素材にした作品です。ときに抽象的、幾何学的なデザインのようにも見える天体のイメージは、インターネット上で公開されている画像の色彩やトーンを操作することで生み出されたものです。

「ma.r.s.」

「ma.r.s.」もまたNASAの探査船が撮影した画像を素材とする作品です。2006年以来火星を周回する探査船のカメラは、火星の表面のさまざまな情報を地球に送り続けています。ルフはその画像情報の角度や色彩をデジタル処理で加工することで、このはるか彼方で火星を見つづけるレンズを通じた「風景写真」の可能性を探りました。

インターネット時代の視覚・情報空間を問う「nudes」「jpeg」

「nudes」

1990年代半ば、インターネットの急速な普及はヌード写真の流通にも大きな変化をもたらします。当時、デジタル画像の探求に取り組み始めていたルフは、ネット上に氾濫するポルノサイトから画像を入手し、作品を制作しました。色調を変えたり、極端にぼかしたりと、コンピュータによるマニピュレーションを徹底的に行うことで、そのヌードの構図がわずかに認識できる程度まで加工していきました。

確かに。よく見るとヌード写真の輪郭が見えてきます。一見なんてことのないぼやけた写真が、さまざまな表情を見せます。

「jpeg」

シリーズ名のjpegとはデジタル画像の圧縮方式のひとつで、現在、全世界で使用されもっとも標準的なフォーマットの名称です。圧縮率を高めすぎるとブロックノイズが発生し、画面がモザイク状になってしまうというこの画像フォーマットの特性を用いて、画像の構造そのものを視覚化しています。

離れて見ると滑らかな写真のように見え、近づいて見ると、画像の構成要素が明らかになります。

本展が世界初公開となる作品も!

ある新聞社のプレス写真アーカイヴを入手したことから着想された「press++」シリーズ。かつてのメディア空間で使用されていた紙焼写真と、それにともなう文字情報を素材に生まれた最新作です。今回は、読売新聞社から提供されたプレス写真を素材とした世界初公開となる作品も展示されています。世界初公開なんて、すごい。ワクワクしながら、いよいよ対面です。

画像と文字・記号がデジタル化されて同一平面上に置かれ、さらに巨大なサイズに引き伸ばされることで、イメージが情報化していくプロセスそのものが露わになります。

展覧会には、他にもまだまだ見逃せない作品がたくさん。

全18シリーズ、東京会場では約125点が展示されています。

展覧会の限定グッズも見逃せない

展覧会を堪能したあとは、限定グッズもチェックしてみましょう。

インパクト抜群のTシャツに…

エコバッグもありますよ。

センス抜群の絵葉書もたくさん!

写真と解説を網羅した、図録も気になります。どれにしようか迷ってしまいますね。

東京国立近代美術館のアクセスはこちら

 

「東京国立近代美術館」は、東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分ほどの場所にあります。

 

地上へ出たらすぐ右に曲がり、内堀通りを横断しましょう。

そのまま真っすぐ進むと、右手に「東京国立近代美術館」があります。

到着です。

私たちの身近にあり、何気なく見ている「写真」を新たな視点で再構築した「トーマス・ルフ展」は、ファンならずとも見応えたっぷりです。日本初の回顧展が開催されるこの機会に、お出かけしてみてはいかがでしょう。新たな写真の魅力を発見できるかもしれません。

イベント詳細
イベント名:トーマス・ルフ展
会場: 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
所在地:東京都千代田区北の丸公園3-1
会期: 2016年8月30日(火)〜11月13日(日)
開館時間:10:00〜17:00 毎週金曜日は午後8時まで※入館は閉館の30分前まで休館日:月曜日
※ただし9月19日、10月10日は開館し、9月20日(火)、10月11日(火)は休館。
観覧料:一般 1,600円(前売 1,400円)、大学生 1,200円(前売 1,000円)、高校生 800円(前売 600円) ※中学生以下無料
展覧会公式サイト:http://thomasruff.jp/event/
東京国立近代美術館公式サイト:http://www.momat.go.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ