ビアフェス横浜が9月17日から開催!200種類のビールが入場料だけで飲み放題

  • 11161 |
  • 最終更新:

大人気のビールイベント「ジャパン・ビアフェスティバル横浜 2016」が、横浜港大さん橋ホールで開催されます。日程は2016年9月17日(土)から19日(月)の3日間。入場料だけで何度でも試飲できるスタイルで、国内外から集結するビール銘柄は約200種類以上。ビールの飲み比べが思う存分楽しめますよ。ビール好きの方は必見です。

ジャパン・ビアフェスティバルとは?

「ジャパン・ビアフェスティバル」は「ビアフェス」の愛称で親しまれている、日本地ビール協会の主催のビアイベントです。1998年から東京会場、2003年からは大阪会場、2006年からは横浜会場、2011年から名古屋会場において毎年開催されています。さらに2014年からは沖縄でもスタート。クラフトビール業界はもちろん、一般消費者にも高い支持を得る日本最大のイベントです。

ビアフェス横浜の魅力!

200種類以上の地ビール、海外ビールを楽しめる!

今年は約200種類以上、参加ビール会社は約80社のビール銘柄が登場する予定です。入場券だけで、お好きなビールが何度でも味わえます。また、9月に開催される国際ビール大賞「インターナショナル・ビアカップ」の入賞ビールが試飲できることもポイントです。それぞれの異なる味や香りを体験をすることで、ビールの多様性や奥深さを楽しめますよ。

試飲は1回50ml、様々なビールを飲み比べよう!

試飲は1回50mlずつ。少量なので、より多くの銘柄を味わえます。今まで出会ったことのない、珍しいビールにも積極的にチャレンジしてみてください。自分好みのクラフトビールを探してみましょう。さらにフードブースには、ビールの美味しさを引き立てるリーズナブルなおつまみも用意されています。

来場者にはオリジナルグラスをプレゼント!

先着で800名に、オリジナル試飲グラス「ベストアロマグラス」が贈られます。ロゴ・年号入りですので来場記念にもぴったりです。ここでしか貰えない貴重なグラスで、ビール本来の香りと味をたっぷりと堪能しましょう。なお800名を超えますと、通常デザインのベストアロマグラスが渡されます。

前売券を購入してお得に楽しもう!

チケットは前売券が4,600円、当日券は5,000円ですので前売券がおすすめです。また、1,000円分のフード券がついたフード券付き前売券もYahoo!パスマーケットやコンビニ、各種プレイガイドで販売されています。

まだまだ残暑を感じさせる9月は、ビールを楽しむのにぴったりの季節です。横浜の心地よい潮風を感じながら、気の合う仲間や恋人とビールを満喫してみてはいかがでしょうか。

イベント名称
名称:ジャパン・ビアフェスティバル横浜 2016
会場:横浜港大さん橋ホール
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
アクセス:みなとみらい線日本大通り駅3番出口から徒歩約7分
開催日時:
2016年9月17日(土)16:30~19:00(ラストコール18:45)
2016年9月18日(日)11:30~15:00/16:00~19:30(ラストコール19:15)
2016年9月19日(月)12:30~16:00(ラストコール15:45)
料金:当日券5,000円(ベストアロマグラス付き) ※9月21日(月)前夜祭は4,000円(ベストアロマグラス付き)
公式サイト:http://beertaster.org/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ