史上最大のスヌーピー展「もういちど、はじめましてスヌーピー。」10月8日より開催

  • 1736 |
  • 最終更新:

東京都港区六本木にあるスヌーピーミュージアムでは、開館後2回目の展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」が2016 年10月8日(土)より開催されます。貴重な原画約80点や日本初公開のスケッチを含む「史上最大のスヌーピー展」です。

(c) Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーの歴史と変遷をたどる大規模展覧会

ピーナッツファンの聖地と言われるチャールズ M. シュルツ美術館の、世界初のサテライト(分館)として、今年4月に六本木にオープンしたスヌーピーミュージアム。2回目の展覧会となる史上最大のスヌーピー展「もういちど、はじめましてスヌーピー。」では、1950年コミック「ピーナッツ」に初めて登場した頃からのスヌーピーの変遷が紹介されます。

(c) Peanuts Worldwide LLC

展覧会では、登場した当初は普通の犬だったスヌーピーが、1960年代に入り犬小屋の上でタイプライターを打ち小説を書いた入り、パイロットとなって空中戦を繰り広げたりと、次第に人でも犬でもないユニークなキャラクターとなっていく姿を、原画やスケッチと共に紹介します。

(c) Peanuts Worldwide LLC

ミュージアムショップ「BROWN’S STORE」

(c) Peanuts Worldwide LLC

「BROWN’S STORE(ブラウンズストア)」では、展覧会の更新に合わせて、販売グッズのラインナップを一新。初期作品をぬいぐるみにした「1950’s Early PEANUTS ぬいぐるみ」の新シリーズや、ウェルカムスヌーピーフィギュア、スワロフスキーで飾られたミュージアム限定クリスタルジュエリーなど、オリジナルグッズ400点を展開します。
京都の和菓子店「UCHU WAGASHI」や、カリフォルニアのバッグブランド「BAGGU」とのコラボレーション商品も新たに登場します。
※売り切れの場合があります。
※グッズは会期により異なります。

ミュージアムカフェ「Cafe Blanket」

(c) Peanuts Worldwide LLC

ミュージアムに併設されているカフェ「Cafe Blanket」でも、展覧会の開催に合わせて特別メニューを展開します。スヌーピーの大好物チョコチップクッキーを使ったミルクセーキ「ハッピーダンス」(税別900 円)や、かぼちゃ大王(グレート・パンプキン)がきっと来てくれると信じるライナスの想いが詰まったパンケーキ。「ウェルカム・グレート・パンプキン」(税別1,280 円)、スヌーピー扮する「フライング・エース」が訪れる、戦地フランスのレストランメニュー「フライング・エース-フレンチスタイル-」(税別1,530 円)など、「ピーナッツ」の世界観を満喫できるメニューが展開されます。

特製ダイアリー付きプレミアムチケット

(c) Peanuts Worldwide LLC

10月17日(月)より数量限定で販売されるプレミアムチケットは4月9日(日)までの開催期間中、予約なしでいつでも入館できる便利なチケットです。スヌーピーのオフィシャルショップ「スヌーピータウンショップ」と公式オンラインショップ「おかいもの SNOOPY」のみでの販売となります。デルフォニックスの特製ロルバーン・ダイアリー(ブリーフケース入り)とセットで税込4,000 円。プレゼントにも最適のチケットです。
※購入は一人5点までです。
※売り切れの場合があります。

イベント情報
名称:「もういちど、はじめましてスヌーピー。」
会期:2016年10月8日(土)〜2017年4月9日(日) 会期中無休 但し年末年始(12月31日〜1月2日)は休館
時間:10:00〜20:00(入場は19:30まで)
所在地:東京都港区六本木5-6-20 スヌーピーミュージアム
アクセス:東京メトロ六本木駅より徒歩7分、麻布十番駅より徒歩10分
入館料:一般 前売券1,800円 当日券2,000円
大学生 前売券1,200円 当日券1,400円
中学・高校生 前売券800円 当日券1,000円
4歳〜小学生 前売券400円 当日券600円
※前売券は8月22日(月)よりローソンチケットにて販売開始
※当日券は前売券の販売状況に余裕がある場合にミュージアムで販売
※入館時間は10:00、12:00、14:00、16:00、18:00 の計5回
(入替制ではなく、入管後の滞在時間に制限はありません)
※予約時間に遅刻した場合、当日に限り追加料金なしで入館できます。
※未使用の前売券は、当日券の販売がある場合に限りプラス200円で利用することができます。
公式ページ:www.snoopymuseum.tokyo

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ