CASA CORONAが原宿に期間限定オープン!コロナビールやカクテルを楽しもう

  • 1029 |
  • 最終更新:

原宿の表参道沿いに、POP UP BAR「CASA CORONA(カーサ・コロナ)」が2016年8月25日(木)から28日(日)までの4日間限定でオープンします。「CASA」とはスペイン語で「家」という意味です。また、コロナは世界中で親しまれている爽やかな後味のビール。夏休みの後半戦はコロナの家でビールやカクテルを片手に、サーフミュージックを聴きながら素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

東京のど真ん中にある都会のオアシス

外壁がドリームキャッチャーで囲まれたCASA CORONA。中ではコロナビールやカクテルを飲みながらリラックスできます。まるで都会のオアシスのような非日常空間です。キンキンに冷えたコロナビールは、5本セットのバケツでも販売。そしてコロナバケツはそのまま持ち帰りもOKで、返却すると500円のキャッシュバックが受けられる特典つきです。これは友達と一緒に行くしかないですね!

カクテルの種類が豊富

ビールが苦手な方に朗報です。CASA CORONAではコロナビール以外にも、コロナを使ったビアカクテルやフローズンカクテルも用意されています。メニューはマンゴーやピーチ、シークァーサーを使ったトロピカルフレーバー。ビール好きもカクテル好きも、一緒に飲んで楽しめるのは嬉しいですね。

NYスタイルのピザがお酒のお供

お酒のお供にはNYスタイルの大きなピザが提供されます。代官山にある人気店「PIZZA SLICE」が、コロナビールに合うピザを独自で考案しました。薄くてとにかく大きいこちらのピザは、スライスごとにいただくのがNY流。1スライスでも十分満足できますよ。

国内外のアーティストがワークショップを開催

コロナビールはブランドメッセージとして「THIS IS LIVING」を掲げています。「これが私の人生なんだ」と言えるぐらい豊かな日々を送って欲しいという意味です。このメッセージの通りCASA CORONAは、仲間と一緒に実りのある時間を過ごせるBARを目指して3種類のワークショップが開催されます。それでは、ワークショップの内容をチェックしていきましょう。

Tシャツカスタム

サンフランシスコを拠点に活躍するアーティスト「Jeff Canham」がデザインしたオリジナルコロナTシャツを元に、Tシャツをカスタムしていきます。友達と同じデザインで作るもよし、自分のスタイルを貫くのもよし。かっこいい、かわいいTシャツを作ってください。

シルクスクリーンプリント

ストリートカルチャーやサーフシーンから注目を集めるアーティスト「Yusuke Hanai」が、コロナのためだけにイラストを描きおろしました。そのイラストをトートバッグに自分でプリントできるワークショップです。

プランティング

雑誌「POPEYE」の表紙を手掛ける人気アーティスト「Yusuke Kaneko」が一点一点ハンドペイントしたコロナミニバケツに、多肉植物の寄せ植えができます。自分の小さなオアシスを家に持って帰れる貴重な体験です。

CASA CORONAは4日間限定のPOP UP BARです。この機会にぜひ、非日常空間を味わってください。

イベント詳細

名称:CASA CORONA
開催日:2016年8月25日(木)~28日(日)
開催時間:12:00~22:00
※8月26日(金)のみ招待制イベントのため18:00までの営業
場所:東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル1F/2F
公式サイト:http://corona-extra.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ