「博物館でアジアの旅」 8月30日(火)から東京国立博物館で開催!

  • 1391 |
  • 最終更新:

東京都台東区、上野公園にある東京国立博物館では、8月30日(火)から10月23日(日)まで、上海博物館とコラボレーションした特別展示「博物館でアジアの旅」が開催されます。期間中はスペシャルツアーやワークショップなどのさまざまなイベントも開催されます。

上海博物館からやってくる、中国屈指のコレクション

今年で3回目を迎える「博物館でアジアの旅」は「東博(トーハク)×上博(シャンポー) 夢のコラボ」と題され、上海博物館と国立博物館のコラボレーションによる特別展示が実現します。上海博物館は、中国美術の魅力に焦点を当てます。青銅器や陶磁器、書跡、絵画、彫刻など12万件におよぶ極めて質の高いコレクションを誇る博物館。会場には上海美術館と国立博物館が収蔵する中国美術の名品が勢ぞろいします。

「特集展示 上海博物館との競演」

来日するコレクションは55点。仏像、絵画や書籍、陶磁、青銅器、染織、調度などの各分野に及びます。仙人の群像を色糸の美しい色彩で織り上げた明時代(16〜17世紀)の絵画「緙絲仙人図壁掛」や、腰をひねって立つ艶かしい姿の「菩薩立像」(唐時代7~8世紀)、景徳鎮の陶磁「青花蓮龍文碗」(明時代・正徳年間)、壮麗な花鳥画「緙絲花鳥図壁掛」(清時代 18世紀)など、いずれも見逃せない名品ぞろいです。展示室ではこれらのコレクションが国立博物館所蔵の品々とともに展示され、まさに夢の共演を演出します。

スペシャルイベントも充実

展覧会期間中の9月27日(火)から10月10日(月・祝)はイベント集中期間に設定され、研究員と展示室をめぐるスペシャルツアーやワークショップなど、様々なイベントが企画されています。
期間中毎日行われる東京博物館研究員による「スペシャルツアー 中国美術をめぐる旅」では、日替わりで様々なテーマに合わせて展覧会を堪能する60分のツアーを開催。9月28日、10月9日、10日の3日間は、毎日13:30〜と15:00〜の2回、中国太陽芸術団による雑技や、古筝や馬頭琴、シタールなど中国楽器の演奏も行われます。10月4日はタレント壇蜜さんによるトークショー「イブニングトーク 壇蜜さんと楽しむ中国美術の旅」も開催されます(定員90名 博物館ウェブサイトより予約が必要となります)。

■イベント情報
名称:博物館でアジアの旅
会場:東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館 東洋館
開催期間:2016年8月30日(火)~10月23日(日)
※9月27日(火)~10月10日(月・祝)はイベント集中期間
営業時間:9時30分~17時
※8月31日(水)、10月22日(土)ならびに会期中の金曜日は20時まで、9月中の土・日曜、祝日は18時まで、10月14日(金)・15日(土)は22時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
※ただし9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館、翌日休館
アクセス:JR上野駅公園口、鶯谷駅南口から徒歩10分
東京メトロ上野駅・根津駅、京成電鉄京成上野駅から徒歩15分
観覧料:一般620円(520円)、大学生410円(310円)
※( )内は20名以上の団体料金。
※9月19日(月・祝)は無料(特別展は別料金)
※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料
公式ページ:http://www.tnm.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ