「丸の内キッズジャンボリー2016」が東京国際フォーラムで開催!8月16~18日まで

  • 560 |
  • 最終更新:

東京都千代田区にある東京国際フォーラムで、「丸の内キッズジャンボリー2016」が開催されます。期間は8月16日(火)から8月18日(木)までの3日間です。夏休みの宿題に役立つドキドキのコンテンツが盛りだくさん。毎回大人気の参加体験型イベントです。

子供たちに感動と発見を届ける「丸の内キッズジャンボリー2016」

10回目の開催となる「丸の内キッズジャンボリー2016」。今年は過去最多の多彩なコンテンツが集められます。夏休みの自由研究の題材にもなる科学実験やワンダーキャンパス、さまざまな出店企業が行うワークショップ、体験型ブース、警視庁や東京消防庁によるデモンストレーション、音楽、ダンスのステージパフォーマンスなど内容盛りだくさんです。また、小さいお子さんでも楽しめるスポーツチャレンジコーナーが今年から開催されます。

TIFワンダーキャンパス

東京国際フォーラム(TIF)によるオリジナルプログラム・TIFワンダーキャンパスでは、「環・わっ!」をテーマにいのち、自然、宇宙を題材としたさまざまな特別講義が企画されています。
8月16日に開催される「いのちの森-熱帯雨林はワンダーランド-」では、京都大学霊長類研究所所長の湯本貴和教授を講師に迎え、熱帯雨林にする多彩な動物や昆虫についての講義を開催。17日に開催される「太陽系のはじまり-惑星はどのようにしてできたのだろう-」では、太陽と惑星の誕生の秘密が解き明かされます。講師は東京大学大学院 理学系研究科の永原裕子教授です。

参加体験型のブースがずらりと並ぶわくわくブース

わくわくブースにはさまざまな参加体験型のアトラクションが揃えられます。操船ゲームや船のペーパークラフト・ぬり絵・クイズ大会などを楽しめる「“海と船”と遊ぼう!」や、警視庁による「おまわりさんの制服を着てパトカーと記念撮影!」などと共に、小学館が提供する「ドラゼミ夏季講習 つぶやきカルタに挑戦!」や住友林業株式会社の「日本の木に触れ、きこりんクイズで学ぼう!」など企業の協賛によるブースも多数登場します。
そのほかにも今年から初めて開催されるキッズスポーツチャレンジやキッズ遊園地など、1日では遊びきれない数のアトラクションが勢ぞろいします。

■スポット情報
名称:丸の内キッズジャンボリー2016
開催日程:2016年8月16日(火)・17日(水)・18日(木)
開場時間:10:00~17:00
会場:東京国際フォーラム(ホールB5、D7、D5、D1、E、ロビーギャラリー、ガラス棟会議室、地上広場他)
入場料:無料 ※プログラムによっては材料費などの実費負担あり
入場方法:入場・見学自由 ※プログラムによっては事前申込や当日配布される整理券が必要
アクセス:有楽町駅より徒歩約1分、東京駅より徒歩約5分(京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
公式サイト:www.tif-kids.jp/2016/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ