栃木のソウルドリンク「関東・栃木レモン」が塗って食べるスプレッドになって新発売!

  • 421 |
  • 最終更新:

レモン牛乳の通称で知られる栃木県のソウルドリンク「関東・栃木レモン」が、パンやクラッカーに塗って楽しめる「関東・栃木レモンスプレッド」になって新登場。東北自動車道、那須高原SA 上り売店などで、2016年8月1日(月)より販売がスタートしています。甘くて懐かしい関東・栃木レモンの味を家庭でも堪能できますよ。お土産にもぴったりです。

栃木県のソウルフード!「関東・栃木レモン」とは?

「関東・栃木レモン」は第二次世界大戦後間もない頃、宇都宮市の老舗製乳メーカー・関東牛乳によって開発されたレモン風味の懐かしい乳飲料です。レモン牛乳と呼ばれ、栃木県民に愛されています。
2004年の関東牛乳廃業に伴い一度は生産中止となったものの、製造中止を惜しむ多くの栃木県民の声により栃木市の製乳メーカー「栃木乳業」が関東牛乳から無償で継承し、復活を遂げました。
近年は多くのメディアで紹介され、全国知名度も上昇。栃木のお土産の定番としても非常に人気です。

「関東・栃木レモン」をビン入りスプレッドで再現!

「関東・栃木レモンスプレッド」は、“塗って食べられる”がコンセプトのビン入りスプレッド。関東・栃木レモンを使った第1弾「関東・栃木レモン飴」に続く、第2弾商品です。関東・栃木レモンの味を再現するため、関東・栃木レモンそのものが約30%使用されています。乳飲料をスプレッドにするという新しい挑戦に試行錯誤を繰り返し、ぬりやすいクリームのようなジャムのような新食感に仕上がりました。パン・クラッカーに塗ったり、アイスやヨーグルトにトッピングできたりと食べ方はさまざま。関東・栃木レモンの懐かしい、優しい味を色々な食品と組み合わせて楽しめます。

8月1日から東北自動車道・那須高原上り売店などで販売!お土産にもぴったり

販売店舗は東北自動車道 那須高原SA 上り売店をはじめ、栃木県内お土産売店などです。ほかにも県外のお土産店や小売店でも随時発売予定となっています。
スプレッドは未開封の状態なら常温で180日保存が可能です。お持ち帰りやお土産にもぴったりですよ。栃木のソウルドリンク「関東・栃木レモン」を存分に味わいましょう。

商品詳細
商品名:関東・栃木レモンスプレッド(140g)
価格:オープン価格
発売開始日:2016年8月1日(月)
販売場所:
東北自動車道 那須高原SA 上り売店など
※栃木県以外のお土産店や小売店でも随時販売予定。
商品詳細URL:http://smilelink1.blog.fc2.com/blog-entry-102.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ