京都に夏限定・御利益イルミネーションとパワースポット出現!金運、恋愛運アップ

  • 561 |
  • 最終更新:

京都市のテーマパーク「東映太秦映画村」で、夏限定のイルミネーションイベントが開催されます。日程は2016年8月6日(土)、7日(日)、11日(祝)から16日(火)、20日(土)、21日(日)です。メインは「御利益イルミネーション」。イルミネーションをすべて回れば、運気がアップするかも!?夏だけの新たな京都パワースポットとして要チェックです。

御利益イルミネーションスポットでおみくじを引こう

パワースポットとしておすすめのイルミネーションは4つあります。

「光の海神社」


青くかがやく海に、高さ4メートルの大鳥居がそびえる「光の海神社」。暗闇に浮かぶ神社が幽玄の世界にいざないます。まずはここでお参りを済ませてから、配布されたラリーシートを持ってイルミネーション巡りをスタートしましょう。

おみくじスポット1「御利益大明神」


色とりどりのLEDライトが輝く占い鳥居です。中をくぐると御利益大明神から運勢が告げられます。

おみくじスポット2「幸せの電車」


明治通りでレトロな雰囲気のイルミネーション電車「幸せの電車」に乗ってみてください。電車内で御利益小明神のお告げが聞けますよ。

おみくじスポット3「福の女神」 


中央広場に立つ女神像もイルミネーションスポットです。映画の泉には開運ルーレットが走り、女神が訪れた人に福を授けてくれます。

すべてのおみくじスポットを回ったら、最初の「光の海神社」に戻りましょう。ラリーシートを神社に結び付ければ満願成就が期待できます。眺めるだけではない、参加型のイルミネーションを楽しんでみませんか。

東映太秦映画村にはまだまだイルミネーションがいっぱい

御利益イルミネーションで運気をアップさせたら、施設内のイルミネーションをゆっくり見て回ってみてください。江戸時代の吉原や宿場町などがライトアップされ、時代映画の中に迷い込んだ気分を味わえます。幻想的な枝垂桜や川堀に咲く光の花、京都の風物詩「五山の夏の送り火」など、御利益イルミネーション以外のスポットも必見です。昼とは違う、華やかで光に満ちた東映太秦映画村を満喫しましょう。

また、17時以降に適用される「ナイター料金」を利用すればお得にイルミネーションを観賞できます。「和のイルミネーション」は、夏の夜のレジャーやデートにイチオシのイベントです。

「ナイターまつり夏のイルミネーション」イベント概要
開催期間:2016年8月6日(土)、7日(日)、11日(祝)~16日(火)、20日(土)、21日(日)
開催場所:東映太秦映画村
所在地:京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10番地
営業時間:9:00~21:00
入村料:大人2,200円、中高生1,300円、子ども(3歳以上)1,100円
※17:00~ナイター特別料金 大人1,500円、中高生1,000円、子ども(3歳以上)800円
アクセス:
JR嵯峨野線「太秦」駅下車、徒歩約5分
嵐電「太秦広隆寺」駅下車、徒歩約5分
京都市営地下鉄「太秦天神川」駅下車、徒歩約12分
名神高速道路京都南ICから約11km
ホームページ:http://www.toei-eigamura.com

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ