特別展「平安の秘仏」東京国立博物館で開催中!重要文化財の仏像20体が集結

  • 1996 |
  • 最終更新:

東京国立博物館で特別展「平安の秘仏-滋賀・櫟野寺(らくやじ)の大観音とみほとけたち」が開催されています。日程は9月13日(火)から12月11日(日)まで。滋賀県にある櫟野寺(らくやじ)に伝わる重要文化財に指定されている平安の仏像20体が寺外で展示される初めての機会です。

重要文化財 「地蔵菩薩坐像」 平安時代・文治3年(1187) 滋賀・櫟野寺蔵

櫟野寺に伝わる秘仏、寺外では初公開!

櫟野寺は滋賀県甲賀市、甲賀町にある天台宗の寺院です。792年、天台宗の開祖である最澄が土地を訪れ、十一面観音を安置したのが寺の始まりとされています。甲賀六大寺に数えられる櫟野寺は白州正子の著書「かくれ里」にも紹介されました。秘仏が収められているほか、平安時代に作られた重要文化財の仏像が20体ある寺としても知られています。
今回の展覧会では、櫟野寺に残された重要文化財の20体の仏像をすべて展示。本尊である十一面観音菩薩坐像は、寺外での公開自体が初めてのことです。

重要文化財としては日本最大の「十一面観音菩薩坐像」!

重要文化財 「十一面観音菩薩坐像」 平安時代・10世紀 滋賀・櫟野寺蔵

普段は秘仏として扉に閉ざされている本尊・十一面観音菩薩坐像は像高3.12m、台座や光背も含めると5mを超え、重要文化財としては日本最大の大きさ誇ります。体と頭は一本の木から掘り出されており、重厚な姿も見事です。迫力と共に美しく表現された穏やかな顔の表現には、平時代の仏像の特徴を見ることができます。

重要文化財の仏像20体

重要文化財 「毘沙門天立像」 平安時代・10~11世紀 滋賀・櫟野寺蔵

会場には本尊・十一面観音菩薩坐像のほかにも、2mを超える薬師如来坐像や、1187年に造られたことがわかる地蔵菩薩坐像、見事な出来栄えの観音菩薩立像、毘沙門天立像など、平安の仏像20体が一堂に会します。いずれも平安時代10世紀から12世紀にかけて造られた傑作ばかり。これだけの仏像を東京でまとめて見ることができる機会は二度とないかもしれません。この機会に訪れてみませんか。

■イベント情報
名称:特別展「平安の秘仏-滋賀・櫟野寺(らくやじ)の大観音とみほとけたち」
会場:東京国立博物館 本館特別5室(東京・上野公園)
住所:東京都台東区上野公園13-9
アクセス:JR上野駅上野公園口より徒歩約10分
会期:2016年9月13日(火)~12月11日(日)
開館時間:9:30~17:00
※金曜日は午後8時まで、9月の土・日曜、祝日は午後6時まで
※10月14日(金)・15日(土)は午後10時まで、10月22日(土)、11月3日(木・祝)・5日(土)は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
※10月10日(月・祝)は開館、9月20日(火)、10月11日(火)は休館
観覧料:一般1,000円、大学生700円、高校生400円
※中学生以下無料
公式ページ:http://hibutsu2016.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ