「TOKYO ART FLOW 00」⼆⼦⽟川駅周辺エリアで7⽉29⽇から3日間開催!

  • 292 |
  • 最終更新:

アートフェスティバル「TOKYO ART FLOW 00」が⼆⼦⽟川駅周辺のエリアで7⽉29⽇(⾦)から7⽉31⽇(⽇)の3⽇間開催されています。テーマは「Humanʼs natureー⼈間の⾃然」です。多摩川河川敷を中心に映画上映やインスタレーションなど、街全体を巻き込むさまざまなイベントが開催されます。

河川敷からの文化発信をめざすアートイベント

⼆⼦⽟川の河川敷を都市と⾃然の接点として、人間らしさそのものを表す言葉「Humanʼs Nature – ⼈間の⾃然」をテーマに「TOKYO ART FLOW」が開催されています。アーティストと市⺠による創造と探求の場を形成するため、さまざまなパブリックインスタレーションやプログラムが実施される予定です。
スイスのアーティスト・ラング&バウマンによるパブリックインスタレーションや、建築事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE⾕尻誠+吉⽥愛のプロジェクト「Air Stone」、坂本美⾬+CANTUSによるうたのインスタレーション「うたうまち」や、河原にある自然石を積み上げるバランスアート「ロックバランシング」のワークショップ、⾳楽家であり美術家でもある和⽥永の「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」など、3日間、街のあらゆる場所を利用して行われる充実のアートイベントです。

河川敷に出現するパブリックアート

イベントの目玉は構造物や建築を利用して作品を展開するスイス人アーティスト、ラング&バウマン(Lang/Baumann)によるパブリンクインスタレーション「Beautiful Bridge #2」。国道246の橋脚を利用した巨大なデモンストレーションです。
設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICEの⾕尻誠、吉⽥愛の作品は、透明な球体につつまれたリビングを表現した作品「Air Stone」です。川辺に出現した巨大な透明のドーム型インスタレーションの中には、夜空を見上げながら過ごす未知の体験空間が出現します。

街全体をマゼンダに染める「夜景プロジェクト」

アーティスト髙橋匡太が開催する「夜景プロジェクト」では、商業施設や街路灯など街を巻き込んで夜の夜景がマゼンダに染められていきます。
イベントは⽟川髙島屋S・CやYANAGIYA、ドッグウッドプラザ、兵庫島公園、⼆⼦⽟川公園など複数の場所で開催され、どれも趣向が凝らさたアートばかりです。さらに兵庫島公園のイベントには、詩人・谷川俊太郎がゲスト出演することも決定しています。

■イベント情報
名称:TOKYO ART FLOW 00
期間:
7⽉29⽇(⾦)12:00〜23:00
7⽉30⽇(⼟)10:00〜23:00  ※TAFアートキャンプの⼀部をオールナイトで実施
7⽉31⽇(⽇)10:00〜20:00
会場:⼆⼦⽟川駅周辺(多摩川河川敷、⽟川髙島屋S・C、⼆⼦⽟川ライズなど)
公式ページ:http://tokyoartflow.jp/
 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ