夏のユニークもんじゃが勢ぞろい「第一回 荒川もんじゃ×ハイサワー祭り」が8月3日より開催!

  • 693 |
  • 最終更新:

もんじゃ焼き発祥の地、荒川区で開催される「第一回 荒川もんじゃ×ハイサワー祭り」。8月3日(水)から8月31日(水)まで、東京荒川区にある9店舗のもんじゃ店で開催されます。下町情緒あふれる日暮里や町屋で、個性あふれるもんじゃを楽しむイベントです。東京の食文化に触れられ、東京観光にはもってこいとなっています。

もんじゃ発祥の地、荒川区のソウルフード「あらかわもんじゃ」

もんじゃ焼きといえば月島が有名ですが、もんじゃの発祥が実は荒川区であることをご存知でしょうか。現在でも荒川区内は、なんと60店舗のもんじゃ店がひしめきあう激戦区です。そんな荒川区で開催されるのが「第一回 荒川もんじゃ×ハイサワー祭り」。荒川区のソウルフードともいえる「あらかわもんじゃ」の普及を目指し、有志団体「あらかわもんじゃ学研究会」と、お酒の割り材「ハイサワー」を販売する博水社によって開催されます。

開催期間中は地元荒川区で愛されるもんじゃの名店が、「ハイサワーに合う夏にぴったりのユニークもんじゃ」をテーマに選りすぐりのもんじゃを提供。ぎょうざ風もんじゃや、グリーンカレー風もんじゃなど、夏にぴったりの個性的なメニューがそろいました。

荒川区のもんじゃ店、9店舗で楽しめる特別メニュー

イベントには荒川区の9店舗が参加。いずれも歴史あるもんじゃ店ばかりです。町屋の老舗「浜作もんじゃ会館」の中華風、ぎょうざもんじゃ、TVで紹介されたこともある有名店「立花」のスタミナもんじゃ、日暮里「DonDon館」のいかすみもんじゃ、南千住「麦の市」のゴーヤもんじゃチャンプル風など、いずれも他では決して食べられない逸品が勢ぞろいです。

「荒川ハイサワー」といっしょに楽しむもんじゃ焼き

各店舗の特別メニューと合わせるドリンクはバラ色のレモンサワー「荒川ハイサワー」。都電荒川線沿線にバラが咲き誇る「バラの街」としても知られる荒川区のご当地サワーとして提供されます。焼酎をハイサワーレモンで割り、赤シソ原液「わるなら赤しそ」を加えた「荒川サワー」はピンクのキレイな色と、赤シソの爽やかな香りが楽しめるレモンサワーです。期間中各店舗では、もんじゃと「荒川ハイサワー」(焼酎とハイサワーレモン1本、赤シソ原液お猪口一杯分)のセットが税込750円~と、大変お得な値段で楽しむことができます。

■イベント情報
名称:「第一回 荒川もんじゃ×ハイサワー祭り」
期間:2016年8月3日(水)~8月31日(水)
公式ページ:http://tokyo-review.com/monja/
参加店舗:「立花」(町屋1-2-3)
       「浜作もんじゃ会館」(荒川6-4-11伸和ビル2F)
       「×MOMIJI×」(荒川7-35-2)
       「DonDon館」(東日暮里6-33-6)
       「麦の市」(南千住1-17-8 ジョイシーズビル2F)
       「もん鉄」(南千住7-17-3 井上ビル1F)
       「友民 荒川本店」(荒川1-49-10)
       「110(イトウ)」(東尾久3-24-1)
「浜作小台店」(西尾久1-28-6)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ