スイカを通して熱中症対策を!東京ミッドタウンで「給スイカステーション」が開催!

  • 1825 |
  • 最終更新:

2016年7月27日(水)に、「給スイカステーション」が東京ミッドタウンのキャノピー・スクエアで開催されます。大玉スイカが当たるゲームや、スイカの試食などを通じて、熱中症対策を呼び掛けるイベントです。7月27日はスイカの日です。会場には、2,000食のスイカサンプリング&スカイツリーが登場します。気軽に出掛けてみませんか?

給スイカとは

昨今、海辺のアクティビティの最中に脱水症状に気づかず、熱中症で搬送される人が増えています。海辺と熱中症はあまり縁がないイメージですが、脱水に気づいていない場合もあるのです。スイカは食べるスポーツドリンクと言われています。また、熱中症対策としても有効な果実です。給スイカは、夏のアクティビティ時にスイカを食べようと呼び掛けるイベントです。東京ミッドタウンの他にも、全国各地の会場で開催されます。

東京ミッドタウンで開催する給スイカの内容は?

今年は例年にはなかった各種アトラクションブースが登場します。入場料は無料です。来場者はゲームで遊んで、大玉スイカや小玉スイカなど丸ごとのスイカをゲット出来ます。

実施予定のアトラクション

給スイカ撮影会の内容は、給スイカステーションのプラカードを持って記念撮影した人に、給スイカ抽選券が渡されます。抽選会に参加すると大玉のスイカがゲット出来るチャンスが。スイカサンプリングは、2,000食のスイカが振る舞われます。ただし、なくなり次第終了です。他にも、給スイカ○×クイズ、給スイカじゃんけん大会、給スイカ抽選会が行われます。スイカをトコトン楽しみながら美味しくゲットしましょう。

その他のイベント

会場では日本ライフセービング協会とも連携して様々なイベントが行われます。海辺での熱中症を含む海難事故の予防に関する知識を楽しみながら学べるコーナーや、全国各地のスイカで造る高さ3mのスイカツリーの展示、日本協会のインストラクターでライフセービングの日本代表監督も務めるタレントの飯沼誠司さん、気象予報士の木原実さん、駒形陽子さんのスペシャルトークショーを開催。様々なアクティビティを通じて、海辺での時間を楽しく過ごせるマインドを身に着ける事が出来ます。

7月・8月は、海の風物詩ともいえるスイカの出番です。皆さんも夏のアクティビティ時には、給スイカで熱中症を予防しましょう。

イベント詳細
名称:給スイカステーション
会場:東京ミッドタウン キャノピー・スクエア
住所:東京都港区赤坂9-7-1
開催日:2016年7月27日(水)
開催時間:11:15~(受付開始10:45~)
公式サイト:http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/2016/10311.html

画像提供元:スイカ倶楽部

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ