ムーミンの世界と北欧の雰囲気を体験できる施設「メッツァ」が2017年宮沢湖畔にオープン!

  • 1497 |
  • 最終更新:

埼玉県飯能市の宮沢湖湖畔を中心とした広大なエリアに、北欧を舞台とした物語「ムーミン」のテーマパーク「メッツァ」が誕生します。フィンランドにある「ムーミンワールド」以外では世界初となる施設となっており、湖の対岸に無料で楽しめる公園施設「パブリックゾーン」と共に、2017年にオープンする予定です。今から完成が待ち遠しい、素敵なテーマパークとなっています。

フィンランド以外では初めて作られる「ムーミン」のテーマパーク

「メッツァ(Metsä)」とはフィンランド語で「森」を意味します。「Museum(美術館)」、「Resort(リゾート)」、「Park(公園)」、「Leisure(レジャー施設)」など、さまざまな要素を包括する「森=メッツァ(metsä)」となることを目指して付けられた名前です。

宮沢湖湖畔の広大な土地約およそ18万㎡(東京ドーム約4個分)を利用して作られる「メッツァ」には、ムーミンの作品や物語の楽しさに触れることができる「ムーミンゾーン」と、誰もが公園として無料で使うことができる「パブリックゾーン」の2つのエリアが作られ、北欧の雰囲気と湖畔の雄大な自然を楽しむことができます。「ムーミン」のテーマパークは、作者であるトーベ・ヤンソンの故郷フィンランドにある「ムーミンワールド」以外にはなく、ムーミンを主題とした施設としては、なんと「メッツァ」が世界初進出の施設です。

ムーミンの世界を再現した「ムーミンゾーン」

宮沢湖の北岸に作られる「ムーミンゾーン」には、ムーミン物語の世界が再現されます。フィンランドにある「ムーミンワールド」や「ムーミン谷博物館(タンペレ市美術館)」などの既にあるムーミンの施設と同様に、体験型のアトラクションや、落ちついた雰囲気の美術館が作られ、園内にはもちろんムーミンのキャラクターが勢ぞろい。ムーミンの世界を堪能できるショップやレストランなども展開されます。

飯能の自然を生かして作られる「パブリックゾーン」

対岸に作られる「パブリックゾーン」は、自然の素晴らしさを体感できる空間をイメージして作られます。地域住民に親しまれる公園としての機能は維持しつつ、敷地内に数十店の小規模のショップやレストランが建設される予定です。飯能市の特産品などを販売するショップや、北欧料理のレストラン、結婚式ができるスペースなども作られます。

■スポット情報
名称:「メッツァ(Metsä)」
住所:埼玉県飯能市宮沢
アクセス:飯能市の中心市街地から約3km 圏央道、狭山日高ICより6km
公式URL:https://moomin.co.jp/news/media/12649

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ