羽田空港がフィリピンに!国交正常化60周年「フィリピンフェア」が7月30日、31日に開催!

  • 701 |
  • 最終更新:

フィリピンと日本の国交正常化60周年を記念して、羽田空港では7月30日(土)31日(日) の2日間「TIAT WORLDCULTURE EVENT フィリピンフェア」が開催されます。羽田空港国際線旅客ターミナルを会場に、音楽ライブやワークショップ、フィリピンの特産品や民芸品の販売など、フィリピンの魅力を存分に味わえるイベントです。

羽田空港ターミナルビルで体験できるフィリピンへのショートトリップ

セブ島などのリゾート地や、最近は語学留学やシニア層の移住などでも人気の国であるフィリピン。国内に住む在日外国人の数も中国、韓国に続いて3番目と日本との結び付きもたいへん深く、羽田空港からは2013年よりフィリピン・マニラへの直行便も就航しています。

国交正常化60周年を記念して開催される今回の「フィリピンフェア」では、羽田空港ターミナルビルの4階と5階の一般エリアを会場に、フィリピンのお祭りやステージショーなどが行われます。そのほかにもフィリピンの自然や文化を体験できるワークショップの開催や、フィリピンの美しいビーチを訪れたような写真を撮ることができるフォトスポットの設置も企画されるなど、羽田にいながらにしてフィリピンを満喫できる2日間のイベントです。

本当のフィリピンを感じることができる充実のステージイベント 

4階のステージ「 江戸舞台」では2日間にわたって様々なイベントが開催されます。日本を代表する和楽器奏者ユニットである「AUN Jクラシックオーケストラ」とフィリピンの民族音楽演奏者のコラボレーションや、フィリピンと日本に拠点を置き、活躍するアーティスト伊倉真理恵によるライブペイントパフォーマンス、フィリピンと日本のハーフでもあるタレント秋元才加をスペシャルゲストに迎えたトークショーなど、充実のステージが続きます。フィリピン民族舞踊団インラヨグ・フィリピンスによって披露されるのは、フィリピン各地に伝承される民族舞踊です。ステージがフィリピン一色に染まります。

伝統文化を知るワークショップ 

ターミナルビル5階会場では、竹で作られたフィリピンの伝統楽器「トンガトン」や「バリンビン」を体験できるワークショップや、ステージパフォーマンスとしても実施されるバンブーダンスのワークショップ、空き箱でフィリピンの熱帯魚をつくるパッケージクラフトワークショップなどが開催されます。いずれもフィリピンの文化や自然を遊びながら学べる内容です。会場全体を使って行われる、ミンダナオ島ダバオ市「カダヤワン祭り」のパレードも見逃せません。

旅行に行かなくても海外気分が味わえるフィリピンフェア。空港というちょっと非日常の空間でイベントを満喫してみませんか?

■スポット情報
名称:TIAT World CULTURE EVENT フィリピンフェア
開催日時:2016年7月30日(土)、31日(日)11:00~19:00
場所:羽田空港国際線旅客ターミナル

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ