次世代を担うアーティストを発掘!「アートアワードトーキョー 丸の内 2016」が開催

  • 462 |
  • 最終更新:

東京都千代田区にある丸ビル1階マルキューブ・3階回廊で、2016年7月25日(月)から8月3日(水)まで、「アートアワードトーキョー 丸の内 2016」が開催。次世代を担う若手アーティストたちが手掛けた、様々なジャンルの現代アートが一堂に会します。また、今年は10周年を記念して、アーカイブス スライドショーも実施。過去の受賞者の作品も併せて鑑賞できますよ。入場料は無料です。アートに興味がある方はぜひチェックしてくださいね。

若手アーティストの発掘の場、「アートアワードトーキョー 丸の内」とは?

「アートアワードトーキョー 丸の内」は、若手アーティストの発掘・育成を目的とした現代アート展です。2007年に初開催され、今年で第10回目を迎えます。丸の内を舞台とする現代アート展として、毎年各方面から注目を集めてます。

今年は、全国の主要な美術大学・芸術大学・大学院の卒業制作129点の中から選ばれた、才能豊かなアーティストの作品20点を展示。さらに、初日の2016年7月25日(月)には、審査員による公開審査が行われ、グランプリや審査員賞など、全10賞が決定します。

今年は、展示スペースを拡大!大型作品、アニメーションなども登場

『飼う人2016』(アニメーション)藤原美咲(東北芸術工科大学大学院)

会場は、昨年同様丸ビル1階のマルキューブ。幅と奥行きが30メートルの巨大な吹き抜けのイベントスペースで行われます。さらに今回は、吹き抜けの3階回廊も会場として拡大し、開催されるのがポイントです。高さ約4メートルの大型の木の彫刻や、デジタルを活用したアニメーション作品など、斬新なアート作品も登場。そのほかにも、絵画、彫刻、映像作品など、多種多様な幅広い現代アートが楽しめます。若い力が溢れる作品からは、日本のアート界の未来も垣間見ることができますよ。

10周年を記念したアーカイブス スライドショーも実施

今年で10回目を迎える「アートアワードトーキョー 丸の内」。そこで今回は、10周年特別企画として、過去の受賞者の作品やコメントなどを映像で紹介する記念コーナーが登場します。

過去9回の「アートアワードトーキョー 丸の内」で紹介したアーティストは約320名。日本国内のみならず、海外のアートフェスティバルや展覧会に参加し、活躍の場が広がる受賞者もでてくるビッグなイベントです。

イベント詳細
名称:アートアワードトーキョー 丸の内 2016
会場:丸ビル1階マルキューブ、3階回廊
住所:東京都千代田区丸の内2-4-1
開催日程:2016年7月25日(月)~8月3日(水) ※会期中無休
開催時間:11:00~21:00
入場料:無料
公式サイト:http://www.artawardtokyo.jp 

関連イベント
名称:公開最終審査会
会場:丸ビル1階マルキューブ、3階回廊
開催日時:2016年7月25日(月)
開催時間:13:00~(予定) ※審査員が会場で作品審査を行います。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ